ボディーケア

女性の体臭ケア「最近ちょっと臭いするけど、どんなケアしてる?」

投稿日:

何か臭う

 

あなたは体臭ケア上手くできていますか?

特に臭いの気になる、ワキデリケートゾーン大丈夫ですか?

体臭ケア用品、使いっぱなしになっていませんか?

汗をかいてそのままにしておけば、誰でも臭うようになります。

正しい方法でケアすれば、臭いが気にならない程度までは抑えることが出来るようになりますよ。

もう一度正し方法を学んでみませんか?

脇の下やデリケートゾーンから出る臭いと言うのは、「アポクリン汗腺」という汗を分泌する管が原因ですので、独特な強い臭いを発生させます。

臭いの強弱があるのは、あなたの体内環境、生活習慣、食生活に関係している場合がほとんどです。

また全身から出る臭いも、体内環境が影響します。臭いを抑えるだけなら、その原因を改善してくれる体臭ケア用品を選ぶだけです。

ただ多くの方は、使いっぱなしです。

それだと効果は半減しますよ。

重要なのは体臭ケア用品を使っていても、使ってなくても自分が臭いを感じたら臭いの元を拭き取るというのがポイントです。

体臭ケアその1:まずは敵を知る

 

体臭ケアをするには、敵を知ることが大事です。

ここで言う敵とは、臭いのことです。

臭いの発生する仕組み分かれば、その後のケアの仕方も簡単に出来るようになりますよ。

まずは、敵を知ることから始めましょう。

皮膚の断面図

 

人の皮膚には汗を分泌する管(汗腺)が2種類あります。 エクリン腺アポクリン腺です。

エクリン腺は全身に存在しますが、特に手のひらや足の裏に多く分布します。

成分は約99%が水でサラサラとした汗が特徴です。

アポクリン腺は、脇の下やデリケートゾーン外耳道(耳の中)など限られた部位に分布する 組織であり、思春期に活動が盛んになります。

アポクリン腺から分泌される汗には、水の他に独特の臭いの元になりやすい成分(タンパク質、脂質、脂肪酸など)を多く含んでいてベタベタしています。

ポイント

臭いが発生する仕組みは汗と皮脂、 ターンオーバーでできた角質を肌の常在菌が 分解して酸化することにより 、雑菌が増殖して 臭いを発生させます 。

臭いが気になる人の多くは、臭いが気にならない人に比べて たくさん汗をかくと言う特徴があります。

汗をたくさんかくということは、雑菌が繁殖しやすい環境を作っているということです。

ワキの臭い

日本人のワキガの割合は、軽度なワキガを含めて10%から15%と言われています。

自分がワキガだと思い悩んでいる人は、この数字以上にもっといるんじゃないでしょうか 。

強い臭いがするからワキガと決めつけずに、 一度正しいケアの仕方を学ぶことで 臭いが気にならなくなる生活ができるはずです 。

思春期にワキガが気になりだす人が多いのは、ホルモンバランスが安定しない時期だからです。

ホルモンバランスの変化は、アポクリン腺を刺激し 汗の量が増えます。

そのため雑菌が増殖しやすくなり、 臭いが強くなる 可能性が考えられます。

中学生や高校生の女の子でよくやりがちな悪い例は「人前で臭いがするのが恥ずかしいから 体をゴシゴシ洗う」 というのがあります。

この方法だと皮膚を痛めるばかりか 、臭いが出やすい環境作ることになるので絶対にやめてくださいね。

人の皮膚には元々抗菌作用のある菌を持っています。

ゴシゴシ洗うことでその菌まで洗い落とすことになるので、 少しの汗でも臭いが出る原因となります。

体を洗う時は、洗顔の時のようによく泡立てて優しく丁寧に洗ってください。

優しく洗うと臭いが取れないような気がしますが 、優しく洗うだけで皮膚は清潔な状態になっていますので安心してください。

思春期以外にもアポクリン腺が刺激されて過剰に汗が出る原因は以下のことが考えられます。

アポクリン線を刺激する原因

●肉食の人、辛い食べ物が好き

●お酒とタバコ

●太りすぎ

●運動しない

●ストレスと疲労

ほとんどの方が当てはまると思いますが、一つでも当てはまったあなたは臭いが出やすい環境を持っているということです。

デリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンの臭いも、アポクリン腺から出る汗が原因です。

デリケートゾーンは常に多湿で温かいうえに、下着やナプキン、パッドを着けているためムレやすく、雑菌が増殖しやすい環境です。

ワキの臭いと異なるのは、膣内環境が影響しています。

生理、おりもの、細菌性膣炎などです。

細菌性膣炎は、ドブの様な臭いや生臭い臭いが特徴です。

原因は腸内環境の悪化により、細菌が膣内に入って雑菌が増えることにより臭いの原因になります。

もう1つはおりものシートを長時間付けていたり、トイレで頻繁に洗浄しすぎるのも臭いの原因になりますよ。

お風呂に入った時などにデリケートゾーンを洗う場合は、膣の中は洗わないのが基本です。

どうしても臭いが気になる場合は、月に1~2回にとどめておくようにして下さいね。

外陰部は、ボディソープや石鹸を使うなら1日に1回が良いですよ。

後は水洗いで十分です。

本来人間は、臭いを抑えてくれる菌を持っています。

洗いすぎるとその菌まで無くなるので、結果臭いが出やすくなります。

その他の匂い

便秘臭

便秘臭が発生する仕組みは、 お酒を飲んだ時に出る臭いの出方と同じです。

便秘臭は、排泄物が腐敗することで 有害物質が発生します。

その有害物質が血管に入り込むことにより、 体中を巡って 汗腺や皮脂腺から 出てきます。

便秘臭を抑えるにはまず、便秘そのものを改善することが大事です。

そのためには、適度な運動をしたり食物繊維や乳酸菌を摂取することが効果的ですよ。

臭いの発生する仕組みプチまとめ

臭いの出る仕組みは、汗や皮脂、体の汚れなどを常在菌が分解して酸化することで臭いが発生します。

臭いがするという事は、臭いの元(酸化した物質)をすでに持っているということです。

臭いの元がなければ、人目を気にするほどの臭いが出ることもありません。

いつまでも臭いの元を付けているから、臭いが気になるのです。

なので自分で臭いを感じたら、すぐにデオドラントシートなどで拭き取って下さい。

たったこれだけですが、臭いを抑える上でとても重要なことです。

一番の基本になりますので、必ず実行して下さいね。

体臭ケアその2:ミョウバン水を試して見る

敵の正体が分かったら、それに対抗するために仲間を作る必要があります。

汗の量を減らして殺菌をすれば臭いは抑えられます。

制汗作用、殺菌作用のある成分を仲間にすればいいのです。

体臭ケア用品は、たくさんありすぎて迷うと思います。

なのでまずは、一番お金のかからないミョウバン水を試してみて下さい。

ミョウバン水には、制汗作用殺菌作用消臭作用収れん作用があります。

収れん作用とは、肌(毛穴)を引き締める効果のことです。

おすすめするポイントは3つあります。

  1. 非常に安価であること
  2. ミョウバンが肌に合うかどうかが試せる
  3. 肌に合わなかった場合でも他に利用できる

おすすめポイントその1:非常に安価であること

スーパーなどで30g100円くらいで売っています。

ミョウバンは、あく抜き、煮崩れ防止、ナスの色落ち防止などに使われる食品添加物です。

商品名は「焼ミョウバン」として売っています。

私はいつも30gの焼きミョウバンを買います。

この30gで肌用のミョウバン水なら9L、肌以外の殺菌、消臭用なら900ml作ることが出来ます。

おすすめポイントその2:ミョウバンが肌に合うかどうかが試せる

ミョウバンには、アルミニウムなどの金属が含まれていますのでミョウバン水を作ったら肌に合うかどうか試してみて下さい。

肌の弱い方は、金属アレルギーを起こす可能性があります。

試し方は、二の腕の内側の柔らかい皮膚の部分にスプレーなどで吹きかけるだけです。

1日たって何もなければ大丈夫です。

かゆみや赤みが出るようなら、使用はしないで下さい。

ミョウバンは、シャンプーや石鹸、制汗剤、化粧品などに多く使用されています。

新しい商品を選ぶ時の目安にもなりますよ。

おすすめポイントその3:肌に合わなかった場合でも他に利用できる

ミョウバン水が肌に合わなかった場合でも無駄にはなりません。

ミョウバンは、料理に使うことができます。

ミョウバン水には殺菌、消臭作用がありますので、まな板や布巾の殺菌、生ごみにかけると消臭もできます。

ミョウバン水は安価で簡単に作れますので、ぜひ試してみて下さいね。

超簡単なミョウバン水の作り方

体臭ケアその3:目的に合った効果の高い成分を選ぶ

体臭の原因のほとんどは汗と雑菌の繁殖によるものです。

雑菌の効繫殖しない環境を作ることが大事です。

効果の高い成分が配合されたボディソープ、石鹸を選ぶのが臭いを消す一番の近道です。

成分からボディーソープ、石鹸を選ぼう

 

目的は体を洗うことです が、正しい方法で洗わないと逆に 肌を傷つけたり、臭いの元を作ることになるので 注意が必要です。

先ほど中学生、高校生の女の子の例で説明しましたが、 臭いを取りたい一心でゴシゴシ洗ってしまう人がいますが絶対にやってはいけません。

体を守るために必要な菌や 皮脂を落としてしまうからです。

体を洗う時はしっかりと泡立てて優しく洗ってくださいね 。

優しく洗うと汚れが落ちたかどうかが心配になると思いますが、 体にとっては清潔に保たれて一番ベストな状態です 。

洗い終わったら、 流し残しがないように注意してくださいね。

流し残しがあると、肌のトラブルの原因になったり雑菌が繁殖しやすくなったりします。

石鹸やボディソープの選び方にもポイントがあります。

どうしても臭いが気になる方や臭いの強い方は、殺菌作用抗炎症作用保湿成分が配合された石鹸やボディソープを選ぶと良いですよ。

 

高効果の期待できる成分

●イソプロメチルフェノール・・殺菌作用

●銀イオン・・抗菌作用

●カキタンニン(柿渋エキス)・・抗酸化・抗菌作用

●グリチルリチン酸ジカリウム・・抗炎症作用

●グリコシルトレハロース・・保湿作用

●ヒアルロン酸・・保湿作用

●セラミド・・保湿作用

特におすすめしたいのは、イソプロメチルフェノールグリチルリチン酸ジカリウムの組み合わせです。

理由は、高い殺菌効果と 肌への刺激が少ないことです 。

敏感肌や乾燥肌の人、または小さなお子様にも安心して使っていただけるかと思います。

殺菌成分は他にも、トリクロサンなどがあります。

高効果なのですが、有害性を示すデータがあるのであまりお勧めできません。

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症作用があります。

汗をかきやすい人は、どうしても汗を拭く回数が増えてしまいます。

特に脇などの皮膚の弱い部分は、刺激や摩擦などで肌が荒れやすい傾向にあります。

なので、炎症を抑えてくれる成分は必要です。

汗をかきやすい人は、最低限殺菌作用抗炎症作用のある成分が配合されたボディーソープ、石鹸を選ぶと良いですよ。

保湿成分は、価格が極端に安くない限り配合されている方が多いです。

なるべく、高保湿のものを選んだ方が良いです。

保湿力が足りないと思ったら、化粧水、乳液の併用もOKです。

商品を購入する時の価格帯ですが、その商品の開発費やパッケージング代などもありますが、基本的に原料の値段に比例しています。

料理で例えるなら、1個20円のたまごを使った料理と1個500円の○○産のたまごを使った料理では値段が違うのと同じです。

ただ同じたまごなので、劇的な違いはないと思います。たぶん・・・(高価なたまごは食べたこと無いので・・・)

なので、商品に成分名が記載されてあれば値段が安くても問題はないです。

お財布事情は人それぞれあると思います。

あまりお金をかけられないと言う方は、最低限上記の2種類の成分(イソプロメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム)が配合された ボディソープまたは石鹸を 選ぶことをお勧めします。

 

ポイント

臭いの強い人は、何が何でも制汗と殺菌です。

イソプロメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム配合のボディーソープ、石鹸を選ぶと良いですよ。

オススメのボディーソープ

制汗剤 、デオドラント

 

デオドラントクリーム

制汗剤は、汗をかいた状態で使用しても意味がありません

シャワーや入浴後など、肌が清潔な時に 使ってください。

ここでは汗をかきやすい環境の方、臭いが強い方向けに話を進めていきたいと思います。

商品を選ぶポイントとしては、汗の量を抑えて細菌の増殖を抑えることが目的なので制汗殺菌成分の入ったものを選ぶようにして下さい。

タイプは、肌の密着度が高く長時間汗を抑える効果ができるクリームタイプがお勧めです。

 

高効果の期待できる成分

●クロルヒドロキシアルミニウム・・制汗 (軽度の刺激性がある)

●ミョウバン・・制汗、消臭 (軽度の刺激性がある)

●パラフェノールスルホン酸亜鉛・・制汗、毛穴引き締め効果

●イソプロピルメチルフェノール・・殺菌、抗菌作用

●柿タンニン・・殺菌、消臭

制汗、殺菌作用のある成分は他にもたくさんあるのですが、高い安全性と効果を考えるとこの5点をお勧めします。

やはり毎日使うものなので 、どんな肌の人でも安心して使えることが 重要だと思い選んでみました。

ただ効果が高いものほど、多少の肌への刺激があります。

上記の5点は、肌の弱い方でも大丈夫だと思いますが、心配なら今お使いの石鹸や化粧品の成分を確認して下さいね。

もしくは、トライアルセットなどを購入してパッチテストを行って下さいね。

クロルヒドロキシアルミニウムミョウバンは軽度の刺激があるかもしれません。

同じ制汗成分でもパラフェノールスルホン酸亜鉛は安全なのですが、制汗力は上記の2つより劣ります。

使うタイミングは、肌が一番清潔な状態で使うのが最も効果があります

シャワーや入浴後に使用するのがおすすめです 。

クリームタイプの制汗剤は、肌の密着度が高いので長時間効果が期待できるのですが、外出先や会社などで思わずたくさん汗をかいた 時の対処法をお教えいたします。

密着度の高いクリームでも、たくさん汗をかけば流れ落ちてしまいます。

汗をかいてから臭い始めるのは 、およそ1時間ぐらいなのでそれまでに汗を拭き取ってください

汗を拭き取る時は、乾いたタオルではなく水で濡らして軽く絞ったタオルを使用してください。

乾いたタオルは、汗は吸ってくれますが雑菌はそのまま残ってしまいます 。

なので水で濡らして軽く絞ったタオルで拭いた後乾いたタオルで拭く、もしくはデオドラントシートで拭くようにしてください。

その後にクリームを塗ってください。

また商品の中には「バックの中に入れて持ち歩くにはちょっとでかい」という商品もあります。

そういう時は、ドラッグストアなどで買える携帯用のスプレーとかスティックタイプの制汗剤を持っておくと便利かなと思います。

もちろんミョウバン水でもOKです。

制汗剤は使うタイミング、状態が重要です。

正しい使い方をして、臭いの出にくい環境を作ってください。

ポイント

臭いの強い人は、ここでも殺菌成分は必須です。

制汗成分はクロルヒドロキシアルミニウム、ミョウバンがお勧めなのですが、肌が弱い人には軽度の刺激がある可能性があります。

どうしても使ってみたい人は、過去に使用した化粧成分の確認をするか、パッチテストを行って下さいね。

サプリメント

 

体内環境を整えてあげるだけでも、体臭ケアになります。

とはいえ体内環境って、見えないからよく分からないですよね。

「日常生活の中で、そんなに支障をきたしているとも思えないし・・・」

ただ体は正直です。

必要のないものは、外へ出そうとします。

分かりやすい例をあげると

●お酒をたくさん飲んだら、体がお酒くさい。

●にんにくをたくさん食べたら、体がにんにく臭い。しかもオナラが超絶臭い。

極端な例ですが、体に必要のないものは汗の成分に混ざって体臭になります。

他にも

●腸内環境が悪化すると、デリケートゾーンが臭う

●便秘になると、便秘臭(アンモニア臭)がする

と言う様な事が起こります。

サプリメントは、 どちらかといえば生活習慣の改善でできなかった部分(体内環境を整える)をサポートする役割があります。

改善するには、適度な運動と食物繊維や乳酸菌などを摂取しなければいけません。

毎日の食事で食物繊維や乳酸菌が取れなかった場合 、それをサポートしてくれるのがサプリメントです。

他には、抗酸化物質を手軽に摂取することも出来ます。

人の体の中には活性酸素があります。

活性酸素は体内に侵入してきた細菌やウイルスを退治してくれるとても有りがたいものなのですが、増えすぎると体内の細胞にまで攻撃をしてしまいます。

その結果体内の組織と反応して酸化させ、老化や様々な生活習慣病(ガン・高血圧・動脈硬化など)の原因になります。

ただ人の体というのはうまくできていて、増えすぎた活性酸素を除去してくれる SOD 酵素というのが存在しています。

SOD酵素は肝臓で作られています。

SOD 酵素は体内で活性酸素の バランスをとってくれる物質なのですが、 個人差があったり、30歳を過ぎたあたりから減っていくと言われています

足りなくなった SOD 酵素の 代わりをしてくれるのが、抗酸化物質であるビタミン A・ C・ Eです。

1日で必要なビタミンを食事で摂取するとなると、かなりの量の野菜を食べなければなりません。

それを補ってくれるのがサプリメントの役割です。

サプリメントは、結構じみ~に効いてくれます。

特に肉が大好きな人は、ビタミン不足になりがちです。

お肌にも影響しますので、栄養のバランスを考える事は非常に大事なことですよ。

サプリメントの精鋭条件

汗と皮脂を抑える

腸内環境を整える

増えすぎた活性酸素を抑える

体に必要なもの補うことで 、体臭を改善することはできます 。

「毎日が忙しく自分の体の 事はほったらかし!」という人は、サプリメントを上手に利用してみてはいかがでしょうか。

体臭ケアその4:生活習慣の改善(本当の敵)

生活習慣の改善というと、「ハードなトレーニングをして、体はバッキバキお尻はプリンプリン」というイメージを持っていませんか?

全然違いますよ。

目的は本来人間が持っている力(免疫力)を、最大限発揮させるということです。

もっと簡単に言うと、普通の健康な状態にするということです。

もちろんそのためには、適度な運動をしたり食生活も考える必要があります。

それが体臭ケアをする上での本当の敵かもしれません。

ただ難しく考える必要はありません。

日常生活の中で、気を付けてもらえればいいです。

以下に注意すべきポイントを書きましたので、参考にしてみて下さいね。

肉食の人、辛い食べ物が好きな人

脂っこいものや動物性タンパク質は、アポクリン腺を刺激するので 緑黄色野菜を取る必要があります 。

ビタミンやポリフェノールなどが多く含まれる緑黄色野菜は、抗酸化作用があるので臭いの発生を防いでくれます。

注意すべきポイント

肉をたくさん食べたら、意識して野菜もたくさん食べるようにしたほうが いいですよ。

臭いを抑えてくれる食べ物

レモン、 みかん、リンゴ、

ほうれん草、アボカド、たまねぎ、小松菜、パセリ、

お酢、わかめ、はちみつ、うなぎ、アーモンドなど

唐辛子などの刺激物は、汗の分泌を増やすだけでなくアポクリン腺も刺激するので臭いの強い汗が出やすくなります。

注意すべきポイント

辛い食べ物が好きな人は、汗の量が多くなりますのでデオドラントシートなどを用意しておいた方が良いでしょう。

お酒とタバコ

アルコールが肝臓で分解されると、アセトアルデヒドという物質になります。

アセトアルデヒドが血液によって体中に運ばれ、皮膚から放出されることによってお酒臭い体臭になります。

注意すべきポイント

よくお酒を飲む人は、休肝日を設けたりアルコール摂取量を控えたりする工夫が必要です。

タバコに含まれるニコチンは、体内のビタミン C を壊すだけでなく汗の量を増やします。

注意すべきポイント

なかなかやめられないタバコですが、本気でニオイ対策をしようと考えるのなら、思いきって禁煙をする覚悟と決意を持ちましょう。

○○デラックス

痩せている人に比べて太っている人は、脂肪が邪魔をして熱をうまく逃がすことができません。

熱を逃がすことができないと、脳が汗腺に汗を出させるように指令を送ります。

なので太っている人は痩せている人に比べて汗をかきやすいのです。

痩せていても内臓脂肪が多い人は、同じ現象が起きるので注意が必要です。

注意すべきポイント

汗をかいてから 臭い始めるまではおよそ1時間かかると 言われているので、汗をかいたらすぐに拭き取るか着替えるようにして下さいね。

運動しない

日常生活の中で運動をしていないと、汗腺の機能が低下していきます。

汗腺の機能が低下すると、いざ汗をかいた時にそれまでに溜まった老廃物が一気に分泌されるため臭いが強くなりがちです。

注意すべきポイント

普段から適度に運動をして汗をかくという事は、非常に大事なことです。

生活習慣病を防ぐためには週に3日以上、1回30分程度の運動をする必要があると言われています。

激しい運動でなくても良いので、出来れば毎日30分は歩くようにして下さい。

ほんの少し頑張れば出来ると思います。

またお風呂に入った時は、湯船にしっかり浸かって汗をかくのもおすすめです。

ストレスと疲労

ストレスや疲労もアポクリン腺を刺激する要因です。

特に臭いの強い方は、周りの目が気になると思います。

それが一番のストレスではないでしょうか。

しかもスポーツなどでかいた汗より緊張した時にかいた汗の方が、臭いがキツイ傾向にあります。

それを無くすためにも、正しいケアの仕方を学んでくださいね。

他にも最近疲れが溜まっているとかストレスを感じているようなら、それが臭いの原因かもしれません 。

注意すべきポイント

日常生活の中で、リラックスできる時間 を作ることが大事かなと思います。

ゆっくりとお風呂に浸かったり、よく寝る ことです。

次の日にストレスや疲労を残さないように、工夫してうまく付き合っていきましょう。

まとめ

臭いが出るという仕組みやケアの仕方はご理解いただけたでしょうか。

これまで体質改善のポイントや体臭ケア用品の選び方など解説してきました。

体臭ケア用品は、かなり臭いを抑えることができますが万全ではありません。

臭いが出始めたら、拭き取る必要があります。

臭いが出ているということは、雑菌が繁殖しているということです。

ケアするポイントとしては、自分で「ふわっと」臭ったタイミングがいいかと思います。

軽く絞ったタオルかデオドラントシートなどで、臭いの元を拭き取って下さい。

その後クリームなどを塗って下さい。

これだけやっておけば、人目を気にするほどの臭いは出ないと思いますよ。

ただこれまで述べてきたケアの仕方は、現在の あなたの体の現状での対策法にしかなりません。

もちろん上記の内容を正しく実践してもらえれば、あなたの臭いの悩みはかなり改善されると思います。

臭いの強い人は、石鹸・ボディーソープ・デオドラントは殺菌、制汗、抗炎症作用の成分が入った物を選ぶ事

体内環境の事を考えて、食事の栄養バランスに気を付ける事

全てが臭い対策になります。お金もかかります。

しかし私がここでお伝えしたかったのは、お金で解決して下さいということではありません。

根本的な原因、例えば必要以上に出る汗や皮脂を正常な状態に戻すということを考えてみてください。

そのためには、やはり生活習慣の改善は重要になってきます。

完璧にやってくださいとは言いません 。私にもできません。

人は社会の中で生活していればストレスも溜まります。なのでたまには「やけ酒」や「やけ食い」 をしても構わないと思います。

重要なのは意識をすること気をつけることです。

普段の生活の中で、意識したり気をつけることで大分変わってきますよ。

あなたも臭いの出にくい体質になってみたくありませんか? 。

お金のかからない体になってみたくありませんか?。

今までとは違い、臭いが気にならない生活を手に入れることが出来るかもしれませんよ。

 

-ボディーケア

Copyright© Douceur , 2021 All Rights Reserved.